イギリスは暗号通貨世界のリーダーを目指す。ICOルールを規定

イギリスはブロックチェーン大国を目指す

スイスやマルタ、オーストリアなど世界のいたるところで競争が起きているブロックチェーン技術開発。そんな競争関係が渦巻くの中、イギリスは2022年までに世界的な拠点となるブロックチェーン大国を目指す意気込みのようです。

イギリスは、英国の報道機関が引用した新しい報告書によると、暗号化経済とブロックチェーン技術の導入のリーダーとなる良い立場にある。英国は2022年までにすべての必要なリソースを所有していると主張しており、2022年までに技術の世界的な拠点になるという産業界および政府の意向もある。

情報ソース>>毎日:英国は暗号のリーダーとして、英国はICOルールを採用

イギリスが2022年までにブロックチェーン技術と仮想通貨分野でリーダーになる可能性があると予測する新しいレポートが出ている。英ガーディアンが16日に報じている。

情報ソース>>イギリスが2022年にブロックチェーン技術と仮想通貨でリーダーに、レポートで予測

国によってはマイニングなどの事業が禁止されている所も出てきていますが、ブロックチェーン開発にはどの国も興味津々です。

というのも、仮想通貨およびブロックチェーンの技術開発は、多額の資金を集める産業になっている事、そして今後の様々な分野に転用され使われているのは間違いなく、そういった企業が集まればそれだけ多くの資金が経済に回り、やらなければ他の国に先を越されてしまうだけ。とか言われています。

どの国がこの分野で影響力を持つようになるのか、イギリス、スイス、マルタ、オーストリアによる企業誘致と開発の競争は激化していきそうですね。

 

関連記事

  1. イタリア経済が混乱する中、ビットコインはユーロからの逃げ道に?

  2. イギリスの仮想通貨取引所でライトコインの先物取引が22日に開始

  3. ロシア、プーチン大統領指示で独自の通貨「CryptoRuble」の発行を急ぐ

  4. Litecoinサミット初の開催へ、9月14~15日サンフランシスコにて

  5. GMOが8月に仮想通貨獲得が可能なアプリゲームをリリース予定

  6. ベネズエラがハイパーインフレで新通貨を発表、国を捨てる国民も続出