韓国取引所が自己規制検査を実施。トラブルが起こっても基準をクリアに疑問の声

韓国の取引所が自己規制検査を実施するも・・・

韓国ブロックチェーン協会(KBA)のグループに属する取引所、23社のうち14社が自己規制検査を実施し、12社が検査基準をクリアした。

という発表を行っています。

基準クリアを発表したのは、次の12社Dexko、Hanbitco、Okcoin Korea、Huobi Korea、Bithumb、Upbit、Neoframe、Gopax、Cpdax、Coinzest、Korbit、Coinone

Bithumbってwww

Bithumbは先月ハッキングによる盗難事件が起きたばかりで、それでも大丈夫と言い切れるその根性が凄い!w

日本では金融庁が主導し、顧客資金の保護のためにかなり厳しい審査となっていて、「小規模の企業では無理だ」と取引所開設・運営を諦めるところもしばしば出ているぐらいです。
日本はかなり強固なセキュリティと透明性のある仕組みが必要となっているわけですが、お隣の韓国ではまだその環境整備はできていないようです。

韓国国内でも、

「いや、先月ハッキングされたじゃねーか」とツッコミが入っていて、この韓国ブロックチェーン協会(KBA)が作った基準とやらが、本当に安全なものなのかどうかがかなり疑問視されているわけです。

「バーチャル通貨取引サイトのハッキング事件が最近発生したにもかかわらず、すべての取引サイトが審査を通過した」とMoney Todayは検査が無効であることを示唆していると指摘した。

参考ソース>>23種類の韓国暗号交換プログラムのうち12本のみがプローブを通過 – Inspector Under Fire

韓国ではハッキングによる被害がいまだに起き続けているところを見ると、韓国人の仮想通貨への投資意欲はだんだんと減り続けているんだろうな。とか思っているわけで。

 

関連記事

  1. マイニング報酬を得る方法とは

  2. マイニングとは?

  3. Bitcoinとは?