イギリスの仮想通貨取引所でライトコインの先物取引が22日に開始

ライトコインの先物取引がイギリスの取引所で開始

イギリスに拠点を置く仮想通貨取引所Crypto Facilitiesの発表によると、今週の金曜日22日からライトコインの先物取引契約を開始するそうです。

米ドル建て契約となり、週、月、四半期の期間での取引を条件を提供。

この開始に関してCrypto Facilities側は「顧客からの要望による」としており、イーサリアムの先物取引開始に続き、ライトコインも開始するわけです。
イギリスでは女性の仮想通貨投資意識が他の国に比べて高いと言われており、今後イギリス国内で仮想通貨取引が流行する可能性もないこともないです。

そしてライトコイン自体、12月のビットコイントランザクション混雑問題発生後、ブラックウェブで急激に仕様が広がっていた事もあります。

まあただ、日本や韓国のような投機的なお金の動かし方はしませんから、ライトコインが急激に上がるか?と言われたらNoと言いますが、今後もサブ的な扱いで取引されていくのは間違いないでしょう。

価格も安いし、投資としてもまだまだ考えてもよさそうですかね。

参考ソース>>Litecoinの先物を開始する英国の暗号交換

関連記事

  1. Litecoinサミット初の開催へ、9月14~15日サンフランシスコにて