支払い手段としての仮想通貨の意義とは?世界の変革期

 

仮想通貨が現実的な社会に与えるインパクトというのは色々とあるわけですが、まずそれを支えるブロックチェーンという技術が極めて斬新的なものであったということがポイントです。

コンピューターの技術とかそういう知識がなければちょっと理解しがたいものではあるのですが、これが社会の基本的な構造を様々な意味において大きく変貌させる潜在力があると言われていることになります。

電子マネーの一つの形態としてと認識している人が多い仮想通貨になりますが、実際問題として仮想通貨というのはマネーとして使われることを意識されています。
Web ショップなどにおける支払の手段としてすでにいくつかの店がビットコインなどを受け入れています。

送金コストがとにかく低いということによって、マイクロペイメント用の通貨としてビットコインはかなり適しています。
国内であればそうでもないのでしょうが、国外の講座などに対してマイクロペイメントを行うというのはその金額よりも送金のコストの方がかさんでしまうということがあるわけです。
もちろん、ものすごく巨大な金額などにおいても、送金の手数料が高いというような部分が国際的な面から見て間違いなく存在しています。

今後、これが格段に安くなるということがありますと、仮想通貨が持つアドバンテージというのがなくなってしまうということもあるので、普及するということを意識するのであれば銀行間での国際取引の決済手数料などは下がらない方が仮想通貨を普及させることにおいてはメリットになったりします。

送金コストの低下というのは金融においてかなり重要なテーマの一つになっています。
マイクロペイメントを実現するためには仮想通貨に頼らざるを得ないというような部分が今のところは存在しているわけです。
しかし、仮想通貨であろうともやはりまだまだ少額送金のポストというのはかなり高いと言わざるを得ない部分もあり、言語複数の取引をまとめてブロックチェーンに送るなどの仕組みが構築できるようになったりして、普及することによって送金という面において仮想通貨というのはその存在価値を増すことでしょう。

逆に国際送金コストというのは、銀行間のシステムで行われても比較的に安くできるようになってしまうということがあったりしますと、仮想通貨が目的としている国際間での資本の移動のコストを下げるというお題目が消えることになります。
そうなってしまうとデジタルゴールドとしての意味しかなさないってことですね。

秘匿性という点においてビットコインでの資金の移動というのがいい部分もありますが、安全性という点においては銀行間の方がはるかに良いというのは今のところは間違いのない部分でありますから、コストが極端に違わない限りはやはり銀行間取引を行うという企業の方が多いでしょう。

但し、個人ではそうでもないです。

相場がよく動きすぎているという今の状況などを鑑みても、あまり日常的に一般人が送金などに使うような通貨的な役割を果たすというのはかなり難しいとは言わざるを得ないわけですが、相場が安定してくれば期待できる部分があるのも確かです。

関連記事

  1. 韓国最新のギャラクシーユーザー間で広がるEnjinコイン

  2. 仮想通貨市場、TOP銘柄いっせいに下落!米国株急落が直撃?

  3. 政府は仮想通貨を「暗号資産」に名称変更する”暗号資産法案”を閣議決定

  4. ベネズエラ国民はBitcoin購入に走る。あれ?ペトロは?

  5. イギリスは暗号通貨世界のリーダーを目指す。ICOルールを規定

  6. Bitcoinを匿名で得るためのカジノ紹介が多数出現