今さら聞けない!仮想通貨ってどんなものなの?

仮想通貨というのは色々あるわけですが基本的には、まずは値動きが激しいということが私としては普及した最大の理由であると思っています。

騰がることもそうですし、下がることにも利点があります。
そういう意味においてビットコインというのは価値が高いということもあり頻繁に取引されているというところが魅力的な部分となっているわけでしょう。

しかし、それがネックでもあります。

仮想通貨はそもそもどうして作られた?

そもそも仮想通貨というのはどうして作られたのか、ということになりますが決済に使うということがあるからです。
ですから価値がものすごく変動するというのが決済手段として恐ろしく不安定となるからです。

そうした意味においてはそんなによろしくないということにはなります。

つまりは、投機の対象になっているといえるのですが、これは別に国が発行している通貨においてもよくやられていることになります。今は普及させるということに意味があると考えているので、この状況はそこそこのものではないかと考えています。

今後、決済機能があることが重要視されるでしょうが、それでもやはりまだまだ高い価値があるのに取引されているというような印象を市場にもたらすことというのが重要になってくると考えています。

 

ちなみに仮想通貨といえばやはりビットコインには、色々なビットコインがあるというわけではなくあくまで、仮想通貨の一つになります。
世の中にはいろいろな仮想通貨が色々な所が発行しているということになっているので、必ずしもビットコインのみが仮想通貨というわけではないのですが、シェアは殆どビットコインになります。

まず取引をするべきというのがこのビットコインであると言えるでしょう。
今のところはどうしても投機的なイメージしかないというものがありますが、徐々に世界的に決済に使っていこうというような意識を持って活動している団体とか企業が増えてきてます。

そもそもどうして国際的な決済に使おうと考えているのかといいますととにかくコストがかかるからです。送金コストが安いということが圧倒的に銀行振込みよりもよいことがあるわけですから、今後さらに普及するという可能性は実はそこそこ期待できるようにはなっています。

草コインと呼ばれるような価値がゴミみたいな仮想通貨というのも数千種類単位でできているのですが、そういうものは無視するにしても今現在トップ3くらいの仮想通貨に関しては、これから世界的に普及して取引の手段の一つとして見られるという可能性は実に高くありますし、私も期待しています。

しかし、まだ期待できる絶対的な部分としては投機的なものでしょう。
投機的にでもよいですから多くの人が『持つ手段』というのを持つようになりますと普及すると考えています。その後、とにかく手段として認められるようになり、投機的なこともある程度落ち着けば、主要な通貨を駆逐することはないでしょうが一つの選択肢となりうるとは考えています。

関連記事

  1. 支払い手段としての仮想通貨の意義とは?世界の変革期

  2. 「2019年、仮想通貨は9つの要素で回復する」米国調査会社Fundstrat Global Advisors

  3. ベネズエラ大統領、ペトロの価値をさらに引き上げる

  4. 8月20日ペトロはベネズエラ国内通貨ボリバルと紐づけられる

  5. ライトコインが新しいロゴデザインでイメージ一新?

  6. ロシア中央銀行が2019年半ばに「仮想通貨版ルーブル」発行か?