イランでビットコイン鉱業規制。制度を悪用する違法なマイニングを取り締まり

 

イラン当局は「2つの廃工場で約1,000台のbitcoin採掘機械を押収した」と発表しました。
イランは米国による経済制裁を理由に国内の不況が拡大しており、歳入の減少に歯止めをかけるために無法地帯と化していたイラン国内のビットコイン鉱業に対してメスを入れることにしたようです。

イランでは国内の電気消費に対して政府の補助金を出していて、その制度を悪用して格安でビットコイン鉱業をしようとする人間が多数生まれてしまったとか。

使用電力量は突如として肥大化しており、この原因となったのはビットコイン鉱業に参加する一部の人間の仕業だとか。

イランのモスク(寺院)では電気代がこの補助金で100%補われているため、実質的にこの違法者たちは電気代無料でマイニングを続けていたことになります。

利益率は中国のマイニング事業と同程度だったとか。

マイニングするならイランが電気代安くていい!でも情勢が不安定!みたいな話がありましたけど、お金を得るためならどこにでも突っ込んでいく人たちってやっぱりいるんですね・・・。

 

関連記事

  1. 格安な電気代のイランに行きたいマイニング各社とジレンマ

  2. 熊本県の電力会社熊本電力は風力発電でマイニング事業に参加

  3. GMOはマイニング事業を中止、355億円の大赤字で撤退へ

  4. Bitmainは米国に進出?ワシントン州に新たな鉱業施設「Ant Creek」を建設

  5. 非承認国アブハジア共和国が大規模なマイニング農場建設を計画

  6. 仮想通貨の価格は落ちたがマイニング粗利益率は2月に39%増加