Zaif、フィスコに経営移譲後も金融庁から業務改善命令を受ける

 

金融庁がフィスコに対して業務改善命令

さて、久しく聞かなかった言葉ですけど
Zaifを運営しているフィスコに対して、金融庁が業務改善命令を出したことが明らかとなっています。

ご存知の通り、Zaifはテックビューロから経営権を移譲されたフィスコが運営を行っています。度重なる業務改善命令を受けてこのドタバタ移譲劇が行われたのもすでに半年以上前になりますかね。
金融庁は現在Zaifを経営しているフィスコに対して次のように述べたそうです。

「経営陣に法令順守の重要性の認識が欠けていた」
「内部管理体制が整備できていない」
「経営計画などの重要課題が取締役会で議論されていない」

ようするに、経営を受け継いだところまではよかったが、コインチェックが盗難事件を受けた直後の金融庁の厳しい追及を受けた経験もなかったため、かなりユルユルな感じで運営されてしまっていた。という感じなのかと思いましたけど。

大半の指摘は移譲される前からやっていた業務に関することだったようです。

Zaifにとってはイタイ指摘でしょうけど、私たちユーザーにとってはきちんと監視の目を光らせてくれることで、セキュリティや仕組みがよくなら資産が保護されるという点で喜ぶべきことです。

まだまだ未整備な部分が多いこの暗号資産の世界ですが、少しずつ前に進んでいる感じはありますね。

 

 

関連記事

  1. 韓国取引所が自己規制検査を実施。トラブルが起こっても基準をクリアに疑問の声

  2. 政府は仮想通貨を「暗号資産」に名称変更する”暗号資産法案”を閣議決定

  3. マウントゴックスの元社長に懲役2年6ヶ月、執行猶予4年の有罪判決

  4. マイニングとは?

  5. Bitcoinとは?

  6. マネックス(コインチェック)は米国進出を目指す