Bitcoinを匿名で得るためのカジノ紹介が多数出現

暗号資産、オンラインカジノへの利用が拡大?

さてさて、今回お話しするのは暗号資産のカジノ運用に関するお話です。

前にも何度かこれを話題にしたことがありますが、オンラインカジノの世界では、現在暗号資産を使った入出金が非常に増えています。

これまで、オンラインカジノをプレイするためには、海外のネットバンクを使って入金・そして日本の銀行口座へ出金するという方法が中心でした。まあ数年前までは匿名性の高いクレジットカードを使ってATMで降ろせてたんですがね・・・。

暗号資産の登場により、この行程が一気に緩和されています。

 

これまで

①海外のネット口座にお金を入金(手数料あり)→②カジノに入金→③ゲームで遊ぶ→④ネット口座に出金→⑤日本の銀行口座に出金(手数料あり)おれによって

 

暗号資産を使った入出金

①暗号資産をサイトに入金→②ゲームで遊ぶ→③出金

 

このように、すさまじい簡略化がすでに行われているわけです。

で、本題。

 

こういったオンラインカジノを紹介すると、紹介された人が使った分の数パーセントの資金が紹介者に入る、アフィリエイトというものが必ずと言っていいほど存在しています。

例えば>>https://cashgames.bitcoin.com/?r=3152347986

こんな感じでURLを張り付けて、飛んでもらうという方式。

参加方法も簡単で、登録の必要なし

https://cashgames.bitcoin.com/referral

サイトにアクセスして自分のURLを取得すればいいだけ。簡単だね。

 

こういう感じで、暗号資産を利用したオンラインカジノの紹介というのが増えている。という話です。お小遣い稼ぎとかに向いているのかもね。

注意点としては、こういったものの紹介はある程度制限がつくということ。例えばFacebookやツイッター、LINEグループなんかでこのURLを張り付けようものなら即BAN食らってもおかしくないです。ホームページやブログを運用している方は利用規約を確認したほうがいいでしょうね。

 

まあ、暗号資産自体が今後どっち側に動くのか予測がつかない状況ですが、再び過熱し始めた場合こういったものの紹介がはやり始めるかもしれませんね。

今のところみんな様子見でしょうけどねw

 

関連記事

  1. GMOが8月に仮想通貨獲得が可能なアプリゲームをリリース予定

  2. BitcoinがBitcoinCash派に相変わらずこき下ろされる件(笑)

  3. Bitcoin ETF承認は時間の問題?US SEC長官の話が話題に

  4. 米国商品先物取引委員会(CFTC)の議長「Bitcoinがなければ、ブロックチェーンは存在しない」と発言

  5. CMEグループ1月の先物取引契約件数が急増と発表も・・・

  6. 米連邦準備制度理事会の理事長Jerome Powell「BTCは価値のある貯蔵庫」