GMOインターネット12月20日に北欧にてマイニングセンターを始動

GMOインターネットの発表によると、12月20日にヨーロッパに新たに拠点として構えたビットコインマイニングセンターを稼働させ、マイニング事業を本格開始した事は明らかとなりました。

同社は2017年9月からマイニング事業に対しての参入を決めており、今回の実働に際し「収益性が一定以上は確保できる事を確認した」という。

稼働したマイニングセンターは、独自開発した7ナノメートルプロセスの専用ICチップを使う事になっていましたが、今回の開始には従来のマイニング用機器を調達し採掘を行っているようです。
GMOインターネットはマイニング事業への100億円以上の初期投資を行っていますが、2018年には合計で380億円を投資する事を公表している。
現在国内では、GMOインターネットのほかにDMM.comやSBIホールディングスなどがマイニング事業への参加を公表しており、世界的なマイニング事業の拡大が予想されています。

 

 

関連記事

  1. 仮想通貨の価格は落ちたがマイニング粗利益率は2月に39%増加

  2. 独自の7nmプロセスチップで採掘量を増やすGMO、影響力を拡大

  3. イランでビットコイン鉱業規制。制度を悪用する違法なマイニングを取り締まり

  4. 熊本県の電力会社熊本電力は風力発電でマイニング事業に参加

  5. 太陽光発電によるビットコイン採掘は収益性が高い?

  6. 非承認国アブハジア共和国が大規模なマイニング農場建設を計画

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。