Coinlabがマウントゴックスに160億ドル請求し、返済業務が滞る

マウントゴックス返済業務が請求によりSTOP!

4年前にハッキングによって多くの資産を失いぶっ潰れたマウントゴックスですが、債権者の一つであるCoinlabが160億ドルの損害賠償請求を行った事で返済業務に問題が生じている事が明らかとなっています。

Coinlabの創設者であるPeter Vessenes氏が、元交換所のリハビリテーションの過程で未だに問題を引き起こしていると聞いて怒りました。公認弁護士のDaniel Kelmanが公表した情報によると、Coinlabは1兆7000億円(160億米ドル)の請求を申し立てました。

情報ソース>>マウントゴックス 一人の男の160億ドルの請求により、Goxの返済手続きは凍結

マウントゴックスは世界中の債権者に対して、当時の価値で返済する計画を立てていました。ビットコインの価格が現在37万円程度ですから、当時の価格からすると10倍近い差が出てしまったことになります。

まあ、債権者からすると納得のいく話ではないでしょうけど、結局泣く泣く納得するしかないというのが現状。

で、問題になっているのはCoinlabの創設者であるPeter Vessenes氏が請求した1兆7000億円(160億米ドル)の賠償請求。

この請求はマウントゴックスの返済の為の資産をはるかに上回っており、これが通ってしまうとCoinlab以外の債権者には一銭の返済もされなくなってしまうため

1兆円って、常識を考えろ

と債権者たちに総スカンを食らっている、というわけです。

マウントゴックスの破産騒ぎ、完全な清算までまだまだ数年は続いていくのかね?という感じです。

 

関連記事

  1. 「2019年、仮想通貨は9つの要素で回復する」米国調査会社Fundstrat Global Advisors

  2. 日本仮想通貨交換業協会、金融庁から権限を承認

  3. イギリスの仮想通貨取引所でライトコインの先物取引が22日に開始

  4. 安定期に入った仮想通貨市場。今後の行方は?

  5. Bitcoinを匿名で得るためのカジノ紹介が多数出現

  6. マネックス(コインチェック)は米国進出を目指す