ベネズエラ大統領、ペトロの価値をさらに引き上げる

ベネズエラ大統領の発表によると、去年から発行されているベネズエラの仮想通貨ペトロの価値を再び高くする、としています。

「私たちは、新しい投資と資金調達の方式を作り出し、創造するための大きな同盟関係を築くことを望んでいます」とマドゥロ氏は地元のメディアによるビデオ放送で憲法制定議会に語った。マドゥロ大統領は、彼が最低賃金を300パーセント引き上げて月額18,000ボリバー、およそ6.70ドルにし、そして石油の価値を4倍にすると述べた。彼の新しい通貨システムは石油に基づいているでしょう、そして彼は彼が彼の新しい措置で経済を安定させるであろうと言いました。

情報ソース>>ベネズエラの大統領は「新しいシステム」を作成するために入札でPetroの価値を再度上げます

ペトロは石油を担保にして作られた通貨であり、石油に裏打ちされたものです。
ベネズエラの独裁者と呼ばれるマドゥロ大統領の指示によって作られた、国家が発行する世界初の仮想通貨です。
公開と共に多くの資金が世界中から流入したとされ、資金は国民のインフラ整備に使われていきました。

しかしこれはマドゥロ大統領が独断でやった事であり、議会は反発をしていました。
ペトロは国際決済の手段として、協力関係にあるロシアや周辺国の石油会社に対して用いられるようになり、その後はベネズエラから国民が国外へ移動するパスポート代の支払いとして設定されました。

今回の決定でペトロが値上がりするとなると、国民はますます海外脱出が困難となりそう。

さらに、もともと1ペトロ=1バレルとして設定されたものだったんですが、ペトロが値上がりするとこの辺どうなるんでしょうね?(笑)

今年もまだまだ話題を提供してくれそうなペトロ、今後どのようになるかね?

関連記事

  1. 8月20日ペトロはベネズエラ国内通貨ボリバルと紐づけられる

  2. ベネズエラ国民はBitcoin購入に走る。あれ?ペトロは?

  3. ペトロの公開販売が11月5日から行うと発表

  4. ベネズエラがハイパーインフレで新通貨を発表、国を捨てる国民も続出