RippleNetに新たに13社が参入、5社がXRPを利用する

RippleNetに新たに13社が加入

さて、使われなければ意味がないとされているXRPですが、本日新たに13社がRippleNetに加入した事が公表されました。

そしてそのうちの5社、JNFX、SendFriend、Transpaygo、FTCS、Euro Exim BankがXRPを使うそうです。

8社はリップル技術のみを利用、XRPを使わないそうです・ω・

Rippleは今日、合計13以上の金融機関がRippleNetに加入し、合計で200を超えると発表した。そのうち5つが流動性のためにリップル(XRP)暗号通貨を使用する。プレスリリースで指名された機関は、JNFX、SendFriend、Transpaygo、FTCS、およびEuro Exim Bankです。彼らはオンデマンドで流動性にアクセスするためにXRPを使用しますが、他の8人はそうしません。

情報ソース>>5つ以上の銀行とFintechsがXRP暗号通貨を使う

久しぶりにXRPにとっての好材料!なんですが、まだまだ発表されただけの段階。

実際に利用されるようになるまでは、まだまだ技術的運用のテストが必要となっていきます。

世界200社もの企業が参入したRippleNet。

将来的にその利用価値は高まる可能性はありますが、まだまだ可能性にとどまる状態のようですね。

 

関連記事

  1. 米国のトップ10の銀行PNCがリップルネットワークに参入