GMOはマイニング事業を中止、355億円の大赤字で撤退へ

GMOマイニング事業から撤退

そうそう、GMOが正式にマイニング事業からの撤退を発表しました。

GMOインターネットは12月25日、仮想通貨マイニング事業に関して約355億円の特別損失を計上したと発表した。同社では、自社でのマイニングとマイニングマシンの開発・製造・販売事業の2本柱で、仮想通貨マイニング事業を展開している。

な、

はい、今年鳴り物入りでマイニング事業に入り込んだGMO。海外で工場を作り仮想通貨を採掘しようとしていたわけなんですが、

肝心の仮想通貨の価格下落が想像以上に響き、出した損失は355億円。

マイニング事業が儲かる!として目が向けられるようになったのは去年の春先だったかな。
ビットコインのマイニングで稼ぎ出す企業が中国で続出し、市場に与える影響と発言力も増す事で異常ともいえる成長を見せていました。

世界各社でこのマイニング事業への参加が相次ぎ、競争が激化した為、より設備投資が重要になったわけで・・・。そしてその管理費用も急増。電気代も上がる一方。

それを支えていたのが、掘り出した仮想通貨の売却益だったわけですが、価格が下落した事で経営は赤字状態に。確かビットコインが170万円以下になると赤字になると言われてましたよね?(数字うろ覚え)

結果として、続ければ続けるほど赤字になる事業からGMOは撤退することに決めたわけです。

 

関連記事

  1. 非承認国アブハジア共和国が大規模なマイニング農場建設を計画

  2. イランでビットコイン鉱業規制。制度を悪用する違法なマイニングを取り締まり

  3. 仮想通貨の価格は落ちたがマイニング粗利益率は2月に39%増加

  4. 一部の国の鉱業以外は大赤字!仮想通貨価値下落でハッシュパワー集中が再び問題に?

  5. Bitmainがノルウェーの鉱山工場を閉鎖、集中化するマイニング事業

  6. 大手鉱山Bitmainの新型ASICに対しVitalik Buterinはマイニングの集中化に懸念