イランは通貨リアルに基づいた仮想通貨を開発

イラン、独自の仮想通貨を開発完了

米国から強烈な批判を受けて対立しているイランですが、制裁回避のために使うための独自の仮想通貨開発を完了した事が明らかとなっています。

この仮想通貨は現地通貨であるイランリアルに基づいており、1:1で取引されるとされています。

米国はイラン産の原油の禁輸措置など、制裁を強化する姿勢を見せており、イラン経済の崩壊が噂されている現状。
イランは対策として、以前から仮想通貨の開発を行うと発表されていましたが、想ったより早かったね。

この仮想通貨はイラン国内の銀行機関に発行された後、テスト期間に入る予定で、銀行間、社内間で実際に使用された後は市場に出回ることになりそうです。

利用方法としては、おそらくベネズエラと同じで国境付近での仮想通貨を使った原油販売がメインになるんじゃないかな?とか思ってます。

イランの仮想通貨に関しては、各国の仮想通貨取引所は取り扱いに慎重な姿勢を見せていますし、現地通貨の暴落=仮想通貨の暴落を招く可能性があるため、投資としては非常に危険な部類になるかと思います。

興味のある方は、市場に出回った時に購入してみるといいでしょう。

ま、自分は絶対に買わないですけどねwww

情報ソース>>イランは、リアアルが支援する国家の暗号侵害の開発を完了する

関連記事

  1. 日本仮想通貨交換業協会、金融庁から権限を承認

  2. GMOが8月に仮想通貨獲得が可能なアプリゲームをリリース予定

  3. 米国のトップ10の銀行PNCがリップルネットワークに参入

  4. マネックス(コインチェック)は米国進出を目指す

  5. イギリスの仮想通貨取引所でライトコインの先物取引が22日に開始

  6. Litecoinサミット初の開催へ、9月14~15日サンフランシスコにて