(株)日の丸リムジンが仮想通貨支払いの実証実験がスタート

日本で初めてとなる、タクシー業界への仮想通貨利用がテストされることが(株)日の丸リムジンより発表されました。

発表内容>>http://www.hinomaru.co.jp/pressrelease/Virtual%20currency.pdf

同社はビットポイントジャパンと仮想通貨決済サービスの業務提携を行い、11月6日から1月6日までの2か月間にわたって、空港からのタクシー利用にビットコイン、ビットコインCash、イーサリアムの3通貨の受け入れを行うようです。
海外ではアメリカやロシアなどの一部の地域でビットコインが使えるタクシーがすでに存在していましたが、国内タクシー業界による仮想通貨受け入れは初の試みとなります。

キャッシュレス時代になると言われる昨今、キャッシュレス化が世界で進む中、日本は韓国、中国、米国、などと比べると非常に遅れています。今回はその為の一環?

今のところ日本国内での仮想通貨利用は、今年のコインチェック盗難事件以降急激にその勢いを減らしているためか、海外からの利用客にターゲットを絞って検証をすることにした。という感じになるんでしょうかね。

ついでですが、全国48か所にディーラーを持つ中古車販売のカーチスホールディングスは、車の購入に仮想通貨決済を受け入れることを明らかとしています。

国内でひさびさに出てきた決済受け入れの話ですね。

しかしこの調子だと本格的に仮想通貨が使われる世界になるには少なくとも5年以上はかかりそうだな・・・。

のんびり見守ります。

 

関連記事

  1. ベネズエラがハイパーインフレで新通貨を発表、国を捨てる国民も続出

  2. 日本仮想通貨交換業協会、金融庁から権限を承認

  3. 米国商品先物取引委員会(CFTC)の議長「Bitcoinがなければ、ブロックチェーンは存在しない」と発言

  4. 政府は仮想通貨を「暗号資産」に名称変更する”暗号資産法案”を閣議決定

  5. 韓国最新のギャラクシーユーザー間で広がるEnjinコイン

  6. 日本への愛は変わらず。マウントゴックス元CEO再び日本国内でブロックチェーン関連会社を起業