ペトロの公開販売が11月5日から行うと発表

ペトロ公開販売開始を発表

ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領が独裁的な権力を発揮して発行している仮想通貨、ペトロを11月5日から公開販売を開始する事を明らかにしました。

現在ペトロは6か国で利用可能になっており、国境付近で販売される石油の取引などで使われています。今後ペトロは広がり続ける・・・?とはちょっと思えないわけですけど(笑)

というのも、ベネズエラでは国民の貧困化が大きな問題となっており、マドゥロ大統領が何かしでかす度に国内で批判が相次いでいます。しかしそれを押さえつける独裁ぶり。
今年に入ってドローン爆弾による暗殺未遂事件が起こるなど、マドゥロ大統領の身は危険と隣り合わせ。

議会からも批判されているペトロは、マドゥロ大統領が失脚した時点でゴミになる。
まさにもろ刃の剣となっているわけです。

今後一般販売が開始されれば、ビットコインでペトロを購入できるようになるわけですが、購入するかどうかは十分に危険性を理解した上でやらないとまずいでしょうね。

米国や国際社会を相手に立ち回るロシアやベネズエラが発行する仮想通貨が、最終的にどのような結末を迎えるんでしょうかね。

情報ソース>>11月5日に開始するベネズエラの国営クリプト・ペトロの公売

関連記事

  1. 8月20日ペトロはベネズエラ国内通貨ボリバルと紐づけられる

  2. ベネズエラがハイパーインフレで新通貨を発表、国を捨てる国民も続出

  3. ベネズエラ国民はBitcoin購入に走る。あれ?ペトロは?