ベネズエラがハイパーインフレで新通貨を発表、国を捨てる国民も続出

ベネズエラのインフレ崩壊。新通貨発行も・・・

ベネズエラは世界で初めて、米国などによる経済制裁を乗り切るため、国が発行する仮想通貨ペトロを世に送り出したことで有名です。ただ、経済制裁による影響は大きく、現地通貨のボリバルはその価値を下落させ続けています。

そんなベネズエラで21日、現行の通貨単位を10万分の1の切り下げる政策が発表され、新たな通貨「ボリバル・ソベラノ」を発行する事を明らかとしました。

 

経済危機が深刻化する南米のベネズエラで、通貨単位を10万分の1に切り下げるデノミネーション(デノミ)の実施に伴う新通貨の導入が21日、本格的に始まった。新しい単位の「ボリバル・ソベラノ」に対応するため、多くの企業・商店が業務を停止し、労働者は仕事に出かけなかった。

 

国民の間ではこの混乱に対する不満も続出しており、経済混乱に拍車をかける事態となっています。

簡単にいうと、ジンバブエの再来?

 

すでに国民は国外への退避を開始しており、数十万人が南アメリカなどの国にわたったとの情報もあります。

経済混乱が続くとクーデターの可能性も非常に高まります。
バスの運転手から大統領にまで上り詰めた彼が、失墜する日もそう遠くないのかもしれません。

何度か書きましたが、大統領が死んだりクーデターで拘束された場合、彼が議会の反対を押し切って強引に推し進めた仮想通貨ペトロはゴミと化す可能性が非常に高いです。

ペトロ持ってる人は価値があるうちに早く売却しちゃった方がいい。という事ですかね。どこで取引できるのかは知りませんが・・・

彼の政権が続くのであれば価値が上がる可能性はありますが、やっぱり危険です。

 

 

関連記事

  1. ベネズエラ国民はBitcoin購入に走る。あれ?ペトロは?

  2. 8月20日ペトロはベネズエラ国内通貨ボリバルと紐づけられる

  3. ペトロの公開販売が11月5日から行うと発表